ロボアドは初心者に良い投資だが、諸事情により解約したというお話

資産運用

こんばんは。ジョニわんブログのJohnnyです。

「お金に働いてもらう」という響きが徐々に自分の中に
しっくりくるようになってきています。

とはいえ、現実はまだまだ自分の労働力を切り売りしている私です。

 

 

今日はロボアドについて、もう少し掘り下げた記事です。

ロボアドって「本当に」いいのかな

ロボアドよりもいい投資ってないのかな

こんな疑問に届くと思います。

 

僕は3年ほどロボアドをやってみて、良さは感じていたものの
先日、解約をいたしました。

10%程度の利益は出てました。
なぜ解約したのか、そのあたりが本日のポイントです。

 

それでは参ります。

何度も言いますが、ロボアドは初心者にとって良い投資です

先日の記事でもご紹介していますが、
私はロボアドを利用してよかったと感じています。

ロボアドバイザーってなに?簡単にできる?メリット・デメリットは?
ロボアドってなに?どんなメリット・デメリットがあるんだろう?こんな疑問にお答えします。自分で商品のことを細かく調査し投資に踏み切るのは大変です。ロボアドはリスク許容度を設定するだけでシステムが全て自動で資産を購入してくれます。

 

有能なAIが運用してくれる

ロボアドとはETF、不動産、その他金融資産を
アルゴリズムに基づいて、自動で運用するサービスです。

 

その有能性は間違いなく、初心者が調べて銘柄をチョイスするより有能でしょう。

 

特に、投資で一番コントロールが難しいとされる感情

「価値が下がった時に、もう上がるだろうと思って持ちすぎてしまう」
「上がった時に、利益確定してしまいたくなる」
「下がった時に、嫌になって長期投資そのものを止めてしまう」

に関係なく、機械的に続けられるため
結果的に利益が出やすいしくみになっています。

 

手をかける必要がない

トレーダーと会社員の最大の違いは
投資に使うことができる時間だと思います。

 

あくまで会社員の仕事を本業とするならば、
一日中、取引画面の前に座っているわけにはいきません。

 

そういった状況で、適切な分散投資をしてくれるアルゴリズムは
大変頼もしく、特に初心者時期はお世話になる価値は十分あります

 

僕のウェルスナビでの実績

ちなみに、僕の場合はいくつかサービスがある中で
Wealthnavi(ウェルスナビ)」を利用しました。

 

CEOの柴山さんは思いをいろんなメディアで語っておられ、
当然、宣伝もあるとは思うのですが、
話に共感できる部分もあったので、こちらを選びました。

「ウェルスナビ」は全自動で世界水準の資産運用を実現する(ICC FUKUOKA 2017 カタパルト・グランプリ)

Johnnyの場合、およそ3年間投資をし、
税引き前で10%の利益を出していました。
(すみません、解約時2月頃の利益画面が残っていませんでした…)

 

10万円でスタート、毎月1.5万円を積み立てていました。

 

最初の1年間はプラスマイナスを行き来していましたが、
最終1年間はマイナスになることはなく、安心して見ていることができました

 

とはいえ、先日解約しましたという話

ロボアドはオススメできる投資方法だと思うのですが、
いくつかの理由があって、解約に至りました。

 

 だんだん何に投資すればいいかわかってくる

ウェルスナビの分散投資の例を見ると、このような感じになっています。

 

米国株、日欧株、新興株、債券、金、不動産…

投資を始め方のころは、長期分散投資と言われても
何をどれくらいやったらいいのか…

ここまでいきなり分散できる方は少ないと思います。

 

しかしある程度、投資を続けていると
投資って何を買ったらいいのか、どうリバランスすればいいのか

 

実際に見て、だんだん分かるようになってくるのです。

これが非常に大事でして、そのあたりがわからずに闇雲に始めても
失敗する可能性が高いです

 

手数料がお高め

ウェルスナビの手数料は預かり資産の1%です。
これが、結構高い。

 

いや、全て自動でやってくれる嬉しさからすると1%でも安いくらいかもしれません。

 

しかし、通常の投資信託が手数料0.1%くらいのものが
たくさん出回っているのに比べ

1%はどうしても高いです。
100万円預けていたら、手数料だけで1万円です。
その分、複利効果から引き算されてしまうのは、なかなか痛い

 

それであれば、投資すべき分野を自力で購入していけばいいな、という判断に至りました。

 

海外生活に非対応

私、Johnnyは近い将来
海外生活をすることになっております。

 

ウェルスナビに限らず、多くの資産運用がそうなのですが、
各サービスは日本国内限定で許可を取っており、海外生活をする人へは対応していません

 

海外生活(1年以上海外に住む人のことを非居住者といいます)する人へは
サービスを提供していないのです。

 

ウェルスナビ側からは、出国前に口座を廃止してください。

と言われたのが、致命傷となりました。

 

ロボアドのやめ時

ということで、ロボアドのやめ時をまとめます。

 

・ある程度の長期で投資して見て、税引き後プラスで完結できる目処がある
・投資の実績を見て、自分でもどんな商品を選べばいいか分かってきた

・海外居住予定がある時は問答無用。。。

ですね。

今後は新たな資産運用を検討していきます。

 

ロボアドよりもいい投資

過去記事でもご紹介していますが、
つみたてNISA (投資信託)はロボアドよりも断然オススメできます。

サラリーマン資産運用:安定性重視なら「つみたてNISA」で決まり
今さらだけど、つみたてNISAってどういう制度?NISAとの違いは?長期投資はなぜいいのかを説明しています。またつみたてNISAでは”いつ始めるべきか?”を気にする必要なし。またつみたてNISAを始めるうえでの注意点をご紹介しています。

 

理由は以下です。

・手数料が安い(0.1%程度の商品がたくさんあり、嬉しさがある)
・利益にも非課税(ロボアドは税率20%)
・出国前に手続きをすることで、最大5年+αは出国期間中も口座を持てる

 

メリットを最大限使えれば、かなり効率的な資産運用ができます。

また、まとまった資産があるのであれば、
つみたてNISAではなく、通常のNISAでも構いません。

金や不動産に興味があれば、そちらを購入するのも手です。

 

というわけで、通過点としてはロボアドをオススメするけども

ロボアドで勉強したら、次にステップアップしましょう
というお話でした。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました